Introduction of Pasona N A members!-米国パソナのメンバーをご紹介!

11/28/2018

企業のご担当者様向け求職者様向け

パソナのことをよく知って頂き、さらに身近に感じていただくため、弊社社員の素顔を定期的にご紹介しております。今回は、東京オフィス 国際事業開発部の営業として、アメリカ進出を目指す企業様のサポートに日々切磋琢磨する宇田川 舜です。穏やかな口調からは想像できないほどのエネルギーに満ち溢れた宇田川の仕事観とは?ぜひご覧ください。

パソナで働くことになったきっかけを教えてください。

2014年から2016年までは南アフリカ共和国にて働いていました。とてもやり甲斐のある仕事だったのですが、任期付きの仕事だったため転職せざるを得ないなか、その海外での経験を通して「日本のモノやサービスをもっと紹介したい」という母国愛が芽生えました。日本企業の海外進出や拡張サポートといった事業に興味を持ちはじめたのです。帰国後、仕事を探していた際に、パソナの一事業として日経企業の米国進出サポート事業があることを知り、ご縁をいただきました。それまでは、パソナといえば「人材紹介・派遣」というイメージだったので、その企業イメージを変えていくような今の仕事は、会社の取り組みとしても、個人的な興味としても、非常に魅力を感じています。

南ア!グローバルな経験をおもちなのですね。いまのお仕事の醍醐味は何でしょうか?

好調な米国経済のなかで、日本企業の米国進出というのはホットなトピックです。様々な企業様の事業計画をお伺いしながら、「パソナとしてどのような支援ができるか?」を考えることが何より楽しいです!またパソナには、米国進出のノウハウやコネクションをすべてワンストップでご紹介できる体制が整っています。進出に関するお客様の願いを叶えるため、弊社のアドバンテージを有効活用して、何かお手伝いができないかと日々考えています。また、米国進出自体を盛り上げていくため、多様なアングルからセミナーを企画・実行していくことにも醍醐味を感じています。

何よりもお仕事が楽しそうな印象を得ますが、ワークライフバランスはどのようにとられていますか?

昔からそうなのですが、仕事だから、休みだからという考えはもたずに、生活にも趣味にも仕事にも目標をもって行動するように心がけています。具体的には、仕事ではノルマや新規事業の計画を立てたり、健康面ではトレーニング (けっこうハードです(笑))や食事管理 (これもけっこうハードです(笑))をしたり、また空いた時間を見つけては自分のためになると思う勉強や本を読んだりしてます。起床就寝時間も平日、休日問わずほぼ一緒なので、「休んでないじゃないか?」と言われたりもしますが、自分の好きなことや健康に良いこと、仕事に繋がるようなことをルーティンでまわしていくと自然に成長できる良いリズムがつくれると思ってます!自分は日本人的な思考ではではないのかな?とも思っていたのですが、最近は日本でも、働き方改革や企業の健康経営が浸透してきているので、間違った方向ではないのかな~と感じています。

いい意味でストイックですね!最後にクライアント様へのひとこと、お願いします。

米国でのビジネスは日系企業様のグローバル展開に欠かせない市場です。ただ、アメリカには日本と違う、風習感や法律なども多々存在しています。日本企業のさらなるグローバル化にパソナのノウハウをぜひ活用していただきたいです。お気軽にご相談をいただけると非常に嬉しいです‼

本日はありがとうございました。

 ========

今回ご紹介した宇田川が所属する 国際事業開発部のウエブサイトは近日公開予定です!

また、宇田川 の社員紹介はこちらからもご覧いただけます↓

Pasona N A Website

========

 

 

リンクをコピー