新型コロナウイルス対策レポート (4月1 日)「USCIS 移民局のアップデート」など

04/01/2020

ニュース企業のご担当者様向け

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が猛威を振るっており、我々企業を取り巻く環境も刻々と変化しつつあります。このような状況を受け、米国パソナでは、少しでもお客のお役に立てる情報を日々発信してまいります。

【USCIS 移民局のアップデート】

1.USCISオフィス 閉鎖期間を5月3日まで延長
コロナウィルスのパンデミックの影響を加味し、アメリカ合衆国市民権・移民局(United States Citizenship and Immigration Services)は、4月1日にUSCISオフィス閉鎖期間延長を発表しました。3月18日に発表されたのは4月1日までオフィス閉鎖としていましたが、今回の延長では再開予定を5月4日としました。
参照:United States Citizenship and Immigration Services

2.米国移民局は、2020年3月1日~5月1日までに発行されたRequest for EvidenceとNotice of Intent to Denyに対する回答期限を、60日延長することを発表しました。
参照:United States Citizenship and Immigration Service


【TSA 国土交通省アップデート】

国土安全保障省は、REAL ID 法の安全基準に準拠する米国の州の運転免許証、または身分証明書を取得するための期間を、1 年延長と発表しました。 航空会社と連邦機関は、2021 年10 月1 日まで、国内の飛行機での旅行と連邦施設へのアクセスのために、REAL ID に準じていない運転免許証とID カードの使用を認めます。
参照:TRANSPORTATION SECURITY ADMINISTRATION 


【各州ごとの外出自粛・自宅滞在要請がさらに延期へ】

【カリフォルニア州】
▶Shelter in Place
Alameda:Shelter in Place
Santa Clara:Shelter in Place 
Berkeley: Shelter in Place
▶Stay at Home
Contra Costa:Stay at Home 
Marin:Stay at Home
San Francisco:Stay at Home 
San Mateo:Stay at Home
【イリノイ州】
▶Stay at Home
【ニューヨーク州】
NYS on PAUSE

 ※なお、下記記事内に、外出自粛・自宅滞在令を各州ごとにマップとしてに表現されているので、ご参考ください。
参照:US states that have issued stay-at-home orders and non-essential business closures(BUSINESS INSIDER/ April 1st


【米国パソナ
お困りの際は、弊社各担当、
もしくは下記までお気軽にご相談ください

Pasona N A, Inc.
infonews@pasona.com


【免責事項】
本メールに記載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、
ご利用者が当情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。
本情報に起因してご利用者に生じた損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。


 

リンクをコピー