新型コロナウイルス対策レポート (4月21日)「トランプ大統領が経済再開に向けてガイドラインを発表」など

04/21/2020

ニュース企業のご担当者様向け

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染が猛威を振るっており、我々企業を取り巻く環境も刻々と変化しつつあります。このような状況を受け、米国パソナでは、少しでもお客のお役に立てる情報を日々発信してまいります。

【トランプ大統領が経済再開に向けてガイドラインを発表】

トランプ大統領は、4月16日、ホワイトハウスにて、経済活動や市民生活の再開へ向けてのガイドラインを発表しました。今後、新型コロナウイルス感染の収束度合いに応じて、3つのフェーズに分けて緩和していくなど具体的な情報を公開。この実施については各州知事の裁量に委ねており、各州知事は、近隣の州同士で再開時期を調整する方針を打ち出しています。こちらでは雇用主に向けたガイドラインについてご紹介します。

<経済活動再開の判断基準>

各州・地域にて、データに基づき、新型コロナウィルス感染状況を把握、3つのフェーズに基づいた再開のプロセスを踏むこと
⚫症状の基準
インフルエンザに似た症状の報告が14日継続して減少している、かつ、新型コロナウィルスに似た症状の報告が14日継続して減少している
⚫症例数の基準
新型コロナウィルスと確認された症例数が14日継続して減少している、もしくは、検査実施数に対する陽性反応の割合が減少をしている状態が14日継続している(検査数が同等、もしくは上昇していることが前提)
⚫病院の状態
Crisis Care(危機的状況下での臨時的な医療)ではなく、治療を受けるべきすべての患者がケアされている状態、かつ、新規抗体検査を含む、安定した検査プログラムを医療従事者向けに提供可能な状態

<州向け再開準備>

  • 安全に迅速に検査を行うことができ、濃厚接触者を追跡できる状態を確保すること
  • マスクや防護服などを迅速に提供できる状態を確保し、ICUの収容数を増加すること
  • 重要産業で働く方、介護施設など感染をしたらリスクの高い施設に住む方、公共交通期間の利用者・従事者を守ること
  • 市民にソーシャルディスタンスの徹底や、フェイスマスク着用などのアドバイスを行うこと
  • 再開後は随時状態を確認し、状況に応じたステップを踏めるよう整えること

<雇用主向け再開手順>

⚫全フェーズ共通事項

  • 連邦・州・地域の法律やガイダンス、業界のベストプラクティスなどに基づき、以下について、企業規定を最適化すること
    • ソーシャルディスタンスの遵守、感染を防ぐ備品確保について
    • 体温を測定することについて
    • 検査、隔離、濃厚接触者の追跡について
    • 衛生管理について
    • 公共エリア、多くの人が行き交うエリアの利用や衛生管理について
    • 出張について
  • 職場環境や従業員の症状や兆候を管理すること。症状のある従業員を、陰性と分かるまで出勤させないこと
  • 新型コロナウィルス検査で陽性だった場合、濃厚接触者が分かるように会社規定や方法を定め、最適化すること

⚫フェーズⅠ

  • 可能な限りテレワークを続ける
  • 可能であれば、段階的にオフィスへの出勤を始める
  • ソーシャルディスタンスが保てるように、公共エリアを閉鎖する
  • 不急な出張を最小限にとどめる
  • 感染被害を受けやすい方*に対しての特別措置を考える

⚫フェーズⅡ

  • 可能な限りテレワークを続ける
  • ソーシャルディスタンスが保てるように、公共エリアを閉鎖する
  • 不急な出張の再開可能
  • 感染被害を受けやすい方*に対しての特別措置を考える

⚫フェーズⅢ

  • どんな制限もなく仕事を開始できる

※感染被害を受けやすい方とは、高齢者や、高血圧、慢性肺疾患、糖尿病、喘息、抗ガン治療などによって免疫力が低下している方を指します (こちらに関しての記載はガイドラインにはありませんが、WHOの規定上、高齢者は65歳以上を指します)

※参照:The White House / Guideline: Opening Up America Again(4月16日)


【各州で段階的に経済再開の動き(テキサスやジョージアなど)】

トランプ大統領による経済再開へのガイドライン発令を受け、各州で経済活動再開の動きが見られます。テキサス州知事は、17日に段階的な事業の再開のための州知事令を発表しました。これに続き、ジョージア州知事は、新型コロナウィルス感染状況の検査結果データが良好であることを根拠に、4月24日からフィットネスジム・理髪店・ビューティーサロンや学校などの機関に対して、最低限の操業再開を認め、その後27日からは、劇場・クラブ・レストランでの食事サービスの提供を再開する見込みです。
なお、CNNがまとめた50 州における経済再開へ向けての状況は下記URLからご確認ください。(こちらは州ごとの状況であり、各郡や市では異なる法令が出ることもありますので、企業が拠点とするエリア情報を随時ご確認ください。)

CNN(This is where all 50 states stand on reopening)(4月20日updated)
※参照:CNN(4月20日)


【アメリカ国境制限の期間延長】

アメリカは、新型コロナウィルスの感染拡大を防ぐため、2020年3月21日よりカナダとメキシコへの、すべてのnon-essentialな旅行を制限していましたが、4月20日にさらに30日間の延長を発表しました。

※参照:The Department of Homeland Security(4月21日)


CISA:Essential Critical Infrastructure Workersガイダンスアップデート】

Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)は、最初のガイダンスを3月19日に発行、その後、バージョン2.0を3月28日に追加発表、今回は3度目のアップデートです。今回のアップデートでは、essential functionsをサポートするために必要な一連のポジションが明確に記載されています。なお、同ガイダンスの実施は連邦政府からの義務ではないため、州政府や地方機関が実施にあたっての最終決定を行いますが、現在、33州にて何らかの形で同ガイダンスが使用されています。

※参照:Cybersecurity and Infrastructure Security Agency (CISA)(4月17日)


【日本:外国人ビザ停止5月末まで延長へ】

日本政府は、新型コロナウイルス感染症の拡大を受けた水際対策を徹底するため、4月末までとしていた外国人に対する査証(ビザ)の効力やビザ免除を停止する措置を、1カ月程度延長する方針を固めた。
※参照:Reuters(4月21日)



【米国パソナ
お困りの際は、弊社各担当、
もしくは下記までお気軽にご相談ください

Pasona N A, Inc.
infonews@pasona.com


【免責事項】
本メールに記載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、
ご利用者が当情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。
本情報に起因してご利用者に生じた損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

リンクをコピー