今だからこそ見直される ”リスク管理” というキーワード

05/19/2020

ニュース企業のご担当者様向け

新型コロナウィルスの感染スピードは、目に見えない恐怖として、私たちの日常生活を瞬く間に変えてしまいました。連邦政府、州政府ともに不要不急の外出を控える指示を出し、これまでにないスピードで経済活動や日常生活に影響を及ぼしています。そのようななか、今、世界中の企業や組織が、新型コロナウィルスへの対策、様々な危機管理の実行、事業への影響を最小限に抑えるための対策を行っています。

【危機管理とリスク管理の違い】

企業経営を行ううえで欠かせない「危機管理」と「リスク管理」ですが、まずはそれらの意味の違いはご存知でしょうか?
⚫危機管理
「すでに起こってしまったトラブルに関して、事態がそれ以上悪化しないように状況を管理すること」
⚫リスク管理
「これから起こる可能性のある危機管理、危険に備えておくための活動」

(※参照1)

既に起きてしまった、またはいま起きている問題への「危機管理」と同時に、将来起こるだろうと想定される事態へ備える「リスク管理」も大変重要です。つまり、いまの私たちには、今後長引く可能性が高い、新型コロナウイルスの影響による経済環境変化への準備=未来への「リスク管理」の必要性が高まっているのです。


【リスク管理のための業務可視化の必要性】

では、「リスク管理」を行うには何から始めればよいでしょうか?まずは、自社の現状把握のための「業務可視化」です。
例えば、「コンプライアンスも考慮し、在宅勤務で行える業務/行えない業務は、どのように決めるべきか?」「オフィスへ出勤が限られるなか、Check発行、承認プロセスはどのように進めればよいか?」など、COVID-19 の影響により従業員の自宅勤務へ対応が必要になって、初めて気がついたリスクがおありになったかと思います。または、現時点でも気づいていないリスクがあるかもしれません。
業務を可視化することにより、業務の全体像、各業務の特性、フローを明確に把握でき、緊急時においてもとるべきアクションを、正確に想定し、判断することができます。


業務可視化で見えてくること】

そして、業務可視化により、次の効果が期待できます。新型コロナウィスルの影響により、組織のメンバーや体制が大きく変わらざるを得ない状況だからこそ、「リスク管理」のはじめの一歩として、自社の状態を正確に把握しておく必要があります。

⚫ブラックボックス化/属人化への対策
⚫業務の無駄やリスクを抽出
⚫コンプライアンス確認
⚫業務改善/効率化/最適化
⚫最新テクノロジーの活用検討


【米国パソナの業務可視化とコンサルティング】

米国パソナ(PASONA N A, INC.)では、業務可視化の工程をBusiness Process Reengineering (BPR)サービスのなかで実施しており、下記のステップにて課題解決のお手伝いをさせていただいております。
弊社のBPRサービスでは、専門知識を持ったコンサルタントと300以上の業務委託プロジェクトを元に人事・労務、管理業務について様々なご提案をさせていただいております。「リスク管理」についてのご質問やご不明点がございましたら、お気軽にご連絡ください。

※参照1:富士通マーケティング「企業力アップの為のお役立ち」


【米国パソナサービス詳細】

⚫解雇関連含む人事コンサルティング
⚫再就職支援、アウトプレースメント
⚫経理・給与・人事アウトソーシング


【米国パソナ

お困りの際は、弊社各担当、
もしくは下記までお気軽にご相談ください

Pasona N A, Inc.
infonews@pasona.com

リンクをコピー