【米国進出予定の企業様向け】人件費計算ツールをアップデート!

06/18/2020

ニュース企業のご担当者様向け

アメリカでの人件費を正しく把握!

米国進出においてアメリカでの人件費を日本と同等の方式で計算している企業が多々見受けられます。実際にアメリカへ駐在員を派遣する際の人件費の計算は、「グロスアップ計算」という特殊な計算を使って算出するケースが一般的です。「グロスアップ計算」とは、所得税の逆算計算。赴任先によって税率が異なる中でも、一定の手取り金額を保証するもので、手取り金額をベースにアメリカの税制に基づき税金を計算し、全体の給与額 (グロス給与)を確定する必要があります。

今回アップデートしたツールでは、駐在員の手取り額から逆算してアメリカの連邦・州 (カリフォルニア、ニューヨーク、イリノイ、テキサス)の税金、そしてFICA税 (Social Security TaxとMedicare Tax)、福利厚生費用を加味して、駐在員の方の全体の給与額の概算を計算することができます。また、ローカル社員のベースサラリーから福利厚生の費用を加味して、ローカル社員の全体給与の計算もすることも可能です。
ローカル社員のコスト把握も医療費や福利厚生費用が他国に比べて高いアメリカでは重要ですので、ぜひご活用ください。


アメリカ駐在員・ローカル社員の人件費計算ツールはこちらから


【米国パソナ
お困りの際は、弊社各担当、
もしくは下記までお気軽にご相談ください

Pasona N A, Inc.
infonews@pasona.com


【免責事項】
本メールに記載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、
ご利用者が当情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。
本情報に起因してご利用者に生じた損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

リンクをコピー