第36回「リクルーターコラム」:地域紹介⑨ – ダラス

02/01/2018

お役立ちコラム求職者様向け

皆様、こんにちは!

ダラス支店にて営業を担当させて頂いておりますBrian Wenboです。

本日は今米国内で最も盛り上がっている、「Dallas」エリアに関してお話をさせて頂ければと思います。

地域紹介⑨ – Dallas

皆様ダラスといえば何を思い浮かべますか?

カウボーイ?

砂漠?

闘牛?

全部正解です。今ダラスは昔ながらの街の姿を残しつつ、新しい建物が沢山建設されております。

なんと毎日、約400人もの人々がDallas-Forth Worthに移住してきているのです。毎月12,000人、これは凄い数字ですよね。

近年、日系企業だけではなく、沢山の米系企業もダラスに移転してきております。色々な理由はあるかと思いますが、やはりテキサスは税制部分での利点、そしてなんと言っても広いアメリカン航空社のハブ空港ということもあり米国全土のどこに行くにも、非常に便利です。殆どの場所なら頑張れば1日内で往復できます。

現地にいらっしゃる企業様、そして職探しをされている方々のお手伝いが少しでも出来ればと思い、パソナは2015年7月にこの流れに乗ってオフィスを開設いたしました。

開設後、私が実感した事はダラス日系コミュニティの広がりでした。2015年では未だ150社程の日系企業しかなかったのが、今では210社程(PASONA調べ)に増えております。この2年少しで1.4倍に増えた企業数に併せ人材の募集数も勿論増えております。元来流通、IT、金融、防衛業が盛んなこの街で、ここ数年は不動産、そして製造/販売業の企業がダラスでオフィスを開設しております。

大きな広がりを見せているこのエリアですが、実は日本語の使える人材が不足している現実があります。ダラスはロサンゼルスの5分の1の企業数ですが、20分の1の日本語使用者しかいない現状なのです。

日系スーパーもありますし、日本食のレベルも非常に高いです。また街が美しく、道路も広い、そして何より家が安いので、お引越しを考えられていらっしゃる方は、是非ダラスも候補に入れていただければと思います。非常に住み心地がいい場所ですので、きっと気に入ると思います。

生活、職探し、オフィス開設に関してご興味がある方は是非PASONAダラス支店まで連絡頂ければ幸いです。

豆知識: ちなみにテキサスにはBuc-ee’sという大きなガソリンスタンドがあります。キャラクターが非常に可愛らしい上に、ガソリンスタンド内で購入できるビーフジャーキーは絶品です。是非ご家族でお試しください。

Dallas Executive Business Development, Wenbo Z.

リンクをコピー