第16回「リクルーターコラム」:アメリカでの一般的な福利厚生⑤-オファーを受理する際のベネフィットの検討について

09/01/2017

お役立ちコラム求職者様向け

How to review the benefit’s package

ジョブオファーを受ける前のチェックリストとして、ベネフィット内容が挙げられます。

通常、オファーレターと共にBenefit Summaryというものが会社から届きますので、その内容をしっかりと検討して、給与額だけでなく総合的に検討しましょう。

例えば健康保険の自己負担額について比較してみましょう。

Company A Deduction Per year Your Contribution (Year )
Medical Coverage Employee Only $0 24 $0
Employee + One $33 24 $792
Family $42 24 $1,008
Company B Deduction Per year Your Contribution (Year)
Medical Coverage Employee  Only $70 24 $1,680
Employee + One $95 24 $2,280
Family $140 24 $3,360

A社とB社の保険プランを比較すると、例えば両社から年間$50,000 (35 hours/week )のオファーを受けた場合、年間の自己負担額がゼロのA社のほうがもちろん魅力的です。

次にPTO(Paid Time Off)とその他の福利厚生を比較してみましょう。

Company A Number of  Days
Paid Time Off 15
Paid Holidays 10
Fitness Gym Discount  Up to $50/Monthly
Company B Number of Days
Paid Time Off 25
Paid Holidays 15
Tuition Reimbursement Up to $3,000
Life Insurance Company pays 100%

A社とB社のプランを比較すると、B社の方がPTOとHolidaysを合わせて15日も多くなり、時給換算で金額にすると$2,884.35の違いがあります。

さらに学費の補助や生命保険も100%会社が負担してくれるため、健康保険ではA社の方が魅力的ですが、全体を比較するとB社の方が良い福利厚生であることがわかります。

転職の理由は個々に違いはありますが、オファーを受ける際に福利厚生は重要な決断ポイントとなりますので、慎重に内容を検討されることをお勧めいたします。

Consultant New York, Naoko Kagaya.

リンクをコピー