第28回「リクルーターコラム」:地域紹介① – ニューヨーク

12/05/2017

お役立ちコラム求職者様向け

こんにちは!
ニューヨークのリクルーター、Mizuyoと申します。

今回はニューヨークのエリア紹介、業界情報をお伝えさせて頂きます。

地域紹介① – ニューヨーク

ニューヨークはロンドンと並び、世界最大都市とよばれ、経済、金融、文化、交通、メディア、娯楽、観光などの中心的な都市の一つです。

ニューヨークと聞くと、まずはウォールストリートやニューヨーク証券取引上を思い浮かべる方も多いと思いますが、そのイメージ通り、銀行や投資といった金融系企業の拠点が多く見られ、金融だけではなく、ニューヨークは芸術やファッション の世界中心地としても知られ、数々の有名学校や博物館、また美術館等も多く点在しており、その様な分野でのビジネスも盛んな場所です。もちろん観光地としての人気も高いこともあり、観光業や小売業、サービス業、運輸業、メディア関連、エンターテインメント関連等のお仕事のチャンスもあります。

しかしながら、チャンスも多いため世界中から成功を夢見て、人もビジネスも集まってくるので、その分どのエリアにおいても競争が大変激しい街でもあります。

日系企業の数もやはり中西部や南部と比べるとかなり多く、金融、総合商社、専門商社、小売業、ファッション関連、メディア関連、IT企業等もかなり多岐に渡りお仕事のチャンスがある場所です。

またここ数年、日本の食に対する注目も高まっており、お寿司をはじめ、割烹や居酒屋、ラーメン屋等日本からも大手飲食チェーン店のアメリカ、NYへの進出が増えており、その流れにともなって飲食店での日本語バイリンガル人材の需要も高まっています。

一方、お隣のニュージャージー州になると、土地も広く、製造業や製薬企業、物流業界等でのポジションも多く見られます。

ニューヨークにお引越しを考えていらっしゃる、もしくはニューヨークでのお仕事をお探しの際は、是非ご連絡いただければと思います。

New York Recruiter, Mizuyo A.

リンクをコピー