就職・転職活動をスムーズにするためにできる事

12/03/2018

お役立ちコラム求職者様向け

弊社アトランタオフィスのリクルーターがコミュニティマガジン「AXIS ATLANTA」に毎月寄稿させていただいている「バイリンガル求職者の就職・転職情報」をご紹介します。同誌は、ジョージア州アトランタをはじめ、南東部(テネシー、サウスカロライナ、ノースカロライナ、アラバマなど)にお住まいの日本人の皆様を対象に毎月無料でお届けしている日本語のコミュニティーマガジンです。弊社の経験豊富なリクルーターがお届けする記事をぜひご覧ください。

州外のお仕事探し

あっという間にHoliday Season到来です。この期間に就職・転職を進める方もいらっしゃると思いますが、全体的に動きが遅くなる時期でもあります。他の方が動いていない時期に活動することは、逆にチャンスでもありますので、根気強く頑張ってまいりましょう。

さて、今回は、州外のお仕事探しについてお話しいたします。良い機会があれば、積極的にお引越しを考える方のみならず、自身はお引越しをするつもりがなくても、ご家族の都合で動かなければいけない方もいらっしゃると思います。そんな時、新しい生活だけではなく、新しいお仕事をどうしようか、と途方に暮れることもあるでしょう。

大手キャリアサーチ会社のCareer Builderによると、州外のお仕事探しをする際に気を付けるべき点は主に下記です。

  1. 仕事のポスティングを注意深く確認すること
    仕事にご応募する前に、企業が州外に住む方を候補者として考慮するかどうかを確かめること。もし、Localの方のみであれば、カバーレターやエージェンシーを通じて、なぜ自分が考慮されるべきかを説明することが必要です。例えば、しばらく州外で仕事をしていたが、家族がいる地で仕事を探しているなどですが、もしその仕事がDream jobだった場合、どうしてこの仕事に就きたいか、想いを伝えるのも大切なことです。
  2. 自ら進んでリサーチをすること
    新しい場所はとてもエキサイティングではありますが、具体的に話しが進む中で、実際にその土地に赴き、自分が住むのはどの様なコミュニティーなのか、職場はどんな所にあるのかを見ることが大切です。もしオファーを受諾した場合は、そのコミュニティーに長くいることになるので、自分で評価基準を設け、現実的に考える事が大切です。また、生活費が以前の土地とどれだけ異なるかも、仕事を決める前に確認することが必須です。
  1. 引越し費用
    もし会社が州外からの候補者を想定していない場合、引越し費用のサポートがない場合もあります。引越しにどのくらいの金額を想定しておくべきかを前もって把握するために、オファー受諾前に、会社が引越し費用のサポートをするかどうか、確認しましょう。

実際に企業からオファー受諾した後、いざ引越し手続きに入ってから、家賃が高くてやはり引越しできないという候補者や、家族が反対したから行けないという候補者も多く見受けられます。引越しを伴う転職、就職は、地元での就職と異なりますので、念入りに進める事が必要である、ということを念頭においておくことが大切ですね。

(「AXIS ATLANTA」12月号より抜粋)

就職・転職活動でご質問やご相談があればいつでもお問い合わせください。

info@pasona.com

Akiko Komura/Pasona NA, INC. Atlanta Office

 

リンクをコピー