今いちど確認しておきたい!COVID-19から身を守るには

03/25/2020

ニュース求職者様向け

米国をはじめ、各国で新型コロナウィルスによる肺炎(COVID-19)の感染が広がる中、感染予防と感染した可能性のある方への対応は、拡大を防ぐ大きな要となります。新型コロナウィルスの感染拡大抑止に向け、おひとりおひとりの知識向上と対策、そして感染防止に向けた考え方をご理解頂く事が大切と考え、情報を共有いたします。慎重な行動を心がけつつ、自らできることを行い、自分と大切な家族、仲間の身を守りましょう。

COVID-19から身を守るには

●感染経路を知る

現在の所、COVID-19を防ぐワクチンはありません。そのため、ウィルスに近づかない事が一番です。ウィルスは人から人へ感染するため、必要以上に人との接触を避けるようにしてください。

●自分の身を守るため

外出後などはこまめに20秒以上の手洗いを徹底してください。またサニタイザーがあればそれを使うこともお薦めします。また、症状のある人とのコンタクトを避けるようにしましょう。

  • 周囲の人を守るため
  • 体調がすぐれない時には外出しない
  • 咳やくしゃみはティシュで抑える
  • マスクを着用する
  • 除菌を徹底する

●潜伏期間の確認

感染源への接触から症状が現れるまでの潜伏期間は約14日と言われています。

●症状の確認

新型コロナウイルス感染症は、風邪のような症状から始まります。発熱、咳に加え、倦怠感、筋肉痛、呼吸困難などが見られる場合も。また、 頭痛、喀痰(かくたん)、下痢などを伴う例も認められているようです。症状があらわれないケースもあるので、ご自身がキャリアの可能性もあることを自覚して行動しましょう。

●注意事項

新型コロナウイルス感染症は風邪の症状によく似ていますが、症状が続く期間が風邪と比べて長いという特徴があります。特に重症化する事例では、発症から1週間前後で呼吸困難などの肺炎の症状が強くなってくることが分かっています。


【参照】

●Center For Disease Control And Prevention

●厚生労働省


Pasona N A, Inc.
info@pasona.com

ご不明な点やお悩みなどはいつでもお気軽にお問合せください


 

リンクをコピー