在宅勤務で気持ちよく仕事をするためのポイント

03/26/2020

お役立ちコラム求職者様向け

新型コロナウイルスの感染拡大により、在宅勤務 / テレワークという働き方が広がるなか、初めての経験で戸惑う方も多いのではないでしょうか?今回は、効果的で効率的なワークフロームホームを行うためのポイントをご紹介します。

在宅勤務で気持ちよく仕事をするためのポイント

  1. 通常の勤務時間を維持する

仕事と私生活のバランスを保つために、勤務開始時間と終了時間のスケジュールをしっかりと決めることが大切です。自宅勤務の良い所であるフレキシブルさにより、仕事を始める時間をずらすことも可能になるため、しっかりと開始時間と終了時間を決めましょう。時間を自動計算してくれるアプリを活用することなどで、一日にどのタイプの仕事をどの程度行ったのかを測ったり、実際に業務に使った時間をグラフで確認するなど、在宅勤務を効率よく行っていくことが可能です。

  1. 朝のルーティンをつくる

皆さんは仕事を始める前のルーティンをおもちですか?コーヒーを飲んだり、またはストレッチをする方もいらっしゃると思います。お仕事前のルーティンは、一日をスタートするのにとてもパワフルなツールです。

  1. 自宅ルールを決める

自宅スペースを共有する人達と、勤務時間帯のルールを決めることが大事です。お子様がいる場合は、「行っていいこと」と「行ってはいけないこと」というルールを決めることで、自宅でのお仕事をスムーズに行うことができます。

  1. 休憩時間をしっかりとる

会社ごとに定められているルールを理解したうえで、休憩時間はしっかりととりましょう。しっかり脳や身体を休ませる事で、より効率的に仕事を進める事ができます。

  1. 自宅勤務に必要なツールを確認

自宅勤務を始める前に、必要ツールを準備しておくことも大切です。モニターやキーボード、プリンターなど足りないものがあれば、自宅勤務を開始する前に雇用主と相談し準備をしましょう。

  1. 積極的な交流

自宅勤務を始めると、いつもまわりにいた同僚がいないため、寂しくなったり孤独を感じることもありますよね。簡単に交流ができるようなチャットルームなどを設定すると、休憩中に同僚との関係性を築くことができたり、より協力的な仕事環境を作ることもできます。定期的にバーチャルランチを企画・実行することも、仕事中には見えない一面に気づけたりするのでおススメです。

  1. カレンダーやスケジュールの共有

自宅勤務をする際は、姿が見えない分、会社内での報告やコミュニケーションがいつにも増して大切になります。ご自身のスケジュールを共有し、大事な業務を終えた時に報告を徹底しましょう。

  1. ポジティブを意識してミスコミュニケーションを防ぐ

自宅勤務の場合、声ではなく文章で社内の人とコミュニケーションをとることが多くなります。文章にすると実際の会話より、少し冷たく感じてしまうこともありますので、メールやチャットで同僚とコミュニケーションを取る際は、よりポジティブを意識することで、誤解やミスコミュニケーションのリスクを減らす努力をしましょう。

  1. Make It Personal

上記でご紹介したコツ以外にも、色々試してしてみましょう。多くの方にとって初めての経験となる自宅勤務です。より快適な環境で気持ちよくお仕事をするために、同僚とアイデアを出し合ったり、ご自身で詳しく調べてみるのも良いですね!


Pasona N A, Inc.
info@pasona.com

ご不明な点やお悩みなどはいつでもお気軽にお問合せください


 

リンクをコピー