「AXIS ATLANTA」就職転職活動をスムーズにするためにできる事

08/09/2018

お役立ちコラムニュース求職者様向け

今回は、弊社アトランタオフィスのリクルーターがコミュニティマガジン「AXIS ATLANTA」に毎号寄稿させていただいている「バイリンガル求職者の就職・転職情報」をご紹介します。同誌は、ジョージア州アトランタをはじめ、南東部(テネシー、サウスカロライナ、ノースカロライナ、アラバマなど)にお住まいの日本人の皆様を対象に毎月無料でお届けしている日本語のコミュニティーマガジンです。弊社の経験豊富なリクルーターがお届けする記事をぜひご覧ください。

就職・転職活動をスムーズにするためにできる事/バイリンガル求職者の 就職・転職事情

< Employment Gaps >

Employment Gaps とは、雇用をされていない期間の事です。その期間、フルタイムで学校に通ったり、子供を育てていたり、様々 な理由があり仕事を離れている訳ですが、中には解雇や会社の縮小により仕事がなくなり、次の仕事が見つからないというケースもあ ります。

次に就職しようとした際、この雇用されていない期間が就職活動のネックになる場合があります。企業は Employment Gaps が長い応募者の採用に消極的になる事があります。理由は様々ありますが、主な理由として、一つ目は、レジュメを見ただけでは、なぜ長い期 間仕事をしていなかったのかが分からず、理由がポジティブなもの か、ネガティブなものか判断がつかなかい事。二つ目は、イノベーションや業界の急激な成長により、5 年、10 年前と仕事のプロセ スが変わった場合、パソコンスキルへの懸念であったり、即戦力になり得ない可能性があるためです。また、応募者でなかなか仕事が見つからない方は、市場や自身の価値がきちんと把握できず、求める条件が非常に高いというギャップも生まれている場合がありま す。

人生のステージの中で、仕事を離れなければいけない時期は不可抗力で発生するものなので、それは仕方のない事だと思います。そこを心配するより、仕事に復帰をするステージに向け、戦略的にどう行動していくのかが大切となります。それでは、再就職を目指す場合の対策をいくつかご紹介します。

  • 休職中にスキルアップをしておく。特に Excel 等どの仕事でも 必須なスキルは磨いておくこと。
  • 専門職の場合、現在の知識やルールを習得しておくこと。就職 活動の直前に 1 回授業を受けるだけでなく、毎年リフレッシュ することが大切。大学の Continuing Education や、オンラインクラスを受講し、知識を証明する事も一つ。
  •  レジュメを提出する際、Cover letter を書いたり、リクルーターを通じ、企業に正しい休職理由を伝える。
  • 初めから高望みはせず、自分の条件より下回るものでも、仕事 を始めてみる。
  • 正社員を希望する場合でも、まずは派遣で仕事を始め、経験を 積み、直近の職歴を作る。そうする事により、次の仕事を探す 時は大分楽に就職活動ができる。また、派遣で仕事始めることで、思いがけないチャンスを得ることもある。

また、現在雇用中の方で、時間の関係で仕事を離れなければならない状況が出た場合は、転職や求職を考える前に、現在の雇用主に時間変更や Part time での勤務ができないか相談してみるのも Employment Gaps を少なくする方法の一つです。

ブランクがあって、どう就職活動をすればいいか分からない、という方がいらっしゃる場合は、弊社までお気軽にご連絡下さい。

Pasona NA, INC. Atlanta 支店 Akiko Komura

www.pasona.com

(「AXIS ATLANTA」8月号より抜粋 http://www.axisatl.com/index.html

リンクをコピー