就職・転職活動をスムーズにするためにできる事

08/22/2019

お役立ちコラム求職者様向け

アトランタオフィスのリクルーターがコミュニティマガジン「AXIS ATLANTA」に毎月寄稿させていただいている「バイリンガル求職者の就職・転職情報」をご紹介します。同誌は、ジョージア州アトランタをはじめ、南東部にお住まいの日本人の皆様を対象に毎月無料でお届けしている日本語のコミュニティーマガジンです。弊社の経験豊富なリクルーターがお届けする記事をぜひご覧ください。

就職・転職後、新しい仕事にいち早く馴染む方法

新しい仕事に就く場合、楽しみな一方、どんなことが待ち構えているか分からず、不安になる事があります。憧れの仕事に就けたとしても、逆にストレスやプレッシャーを感じる事もあるでしょう。新しい仕事を始めた際に、不安やストレスを打開する方法は、いち早く会社や仕事に慣れる事です。では、具体的に何をすればそこに早くたどり着けるのかを見てみましょう。

メモを取る

一見当たり前の様に思いますが、最近はメモを取る習慣のない方もいらっしゃいます。トレーニングで説明を聞いている時は分かっていたけれど、いざ実践に入ったら忘れてしまい、また同じことを聞いてしまった、という経験は誰にでもあるのではないでしょうか。メモは、書く事で頭の中が整理されるだけではなく、将来見返した際、探していた答えを見つけるツールにもなり得ます。書き留めた事を見ながら日々の仕事をする事で、徐々にそれが知識となり、最終的には仕事を確実に覚え、自信にもつながります。あまりメモをしない方は、せめて初めの数週間は、新しく学んでいる事を書く、または端末に入力してみて下さい。メモをする事で、先輩やトレーナーが説明を中断しなければいけないかもしれない、と気にする方もいらっしゃるかもしれませんが、仕事を早く覚えるために必要な事なので、分からない事は積極的に聞いて、メモをする事を心掛けましょう。

メンターを探す

新しい仕事は、学ぶことが多く、仕事が一人で出来る様になるのだろうか、と途方に暮れる方もいらっしゃるかもしれません。初めは右も左も分からない状態で、更にどこを目指して進んで行けばいいか分からない、という状況が大変ストレスになります。特に経験が少ない方の場合、側に自身の仕事を理解している先輩がいれば、よりスムーズに仕事を覚える事ができますし、困った時に何が良くて悪いかの判断も素早くつきます。様々な悩みや相談ができる人がいる事は、仕事をして行く上で、そして、後々のキャリアに於いてもプラスになります。入社した会社にメンター制度があれば、積極的に活用し、もしなくても、職場にメンターを持つ事をお薦めします。

郷に入っては郷に従え

新しい会社に入社しても、以前の会社を引きずっている方をたまに見かけます。所変われば習慣も常識も異なる訳で、以前の会社と新しい会社を比べる事自体が、新しいストレスを生んでいる可能性があります。まずは周りの人がどうしているかを観察し、企業の文化を学んでいく事が早く会社に馴染むコツです。

 

新しい環境や仕事に馴染むまでは、ある程度労力を費やしますが、1日1日を大切に、自分がすべきことをしていれば、その期間はあっという間に過ぎるものです。新しい仕事に就いた方、今後就く予定のある方はぜひ実践してみて下さい。

「AXIS ATLANTA」8月号より抜粋)

就職・転職活動でご質問やご相談があればいつでもお問い合わせください。

info@pasona.com

Akiko Komura/Pasona NA, INC. Atlanta Office

 

Pasona NA Website お仕事検索ページ

 

リンクをコピー