就職・転職活動をスムーズにするためにできる事

10/04/2018

ニュース求職者様向け

弊社アトランタオフィスのリクルーターがコミュニティマガジン「AXIS ATLANTA」に毎月寄稿させていただいている「バイリンガル求職者の就職・転職情報」をご紹介します。同誌は、ジョージア州アトランタをはじめ、南東部(テネシー、サウスカロライナ、ノースカロライナ、アラバマなど)にお住まいの日本人の皆様を対象に毎月無料でお届けしている日本語のコミュニティーマガジンです。弊社の経験豊富なリクルーターがお届けする記事をぜひご覧ください!

「何か質問ありませんか?」

就職・転職活動をしている皆さんが、面接を受けた際に答えに困る質問は何でしょうか?企業面接終了後によく聞く声は、企業からの「何か質問ありませんか?」に何と答えればいいか分からなかったということです。困ってとっさに出るのが「いえ、特にありません。」や、ベネフィット関連の質問という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、この「何か質問ありませんか?」にどう対応すべきか、少しお話しをさせていただきます。

一見難しいこの質問、人によっては逆手に取って、しっかりアピールするなど、実はチャンスの質問なのです。ただ、質問の仕方を間違えてしまうと、思わぬ方向に行ってしまうことがありますので、しっかり準備をしていかなければなりません。それでは、一例ではありますが、どの様な質問が好ましいかをみて行きましょう。

  • この仕事の一日の流れを教えて下さい。

この質問をすることで、どんな部署や同僚と働くか、社外に出る事があるのか等、業務や勤務環境を更に詳しくイメージする事ができます。

  • 1か月、または1年の中で、特に忙しい時期はありますか?

上記と同じ理由ですが、長期で見た際にどの様な流れになるか、そこで残業が発生するかなども予測できる質問です。

  • このポジションは、御社内において、どの様なインパクトがありますか?

通常、部署内での役割を説明される事はありますが、それでは会社全体として、または全米やグローバル規模となった場合、自分の役割がどういった影響を全体に与えているかを知る事が出来る質問です。企業にとっても難しい質問ではありますが、自身が組織にどの様な位置づけになるのか知りたい方はぜひ聞いてみましょう。

  • このポジションは将来的にどの様なキャリアパスがありますか?

転職を考える時の1つの理由に、社内に昇進機会がなかったから、という声をよく聞きます。長くこの会社で働けるのか、それとも次の機会は外を見なければいけないのか、自分のキャリアパスを考えた時、しっかりフィットしているのかを判断する質問にもなります。

面接官の立場として面接していると、「質問がありますか?」の答え方で、その方の考え方や働く意欲が垣間見れることがあります。ここで仕事内容や会社について、積極的に的をついた質問される方はやはり印象が良いです。面接の準備をする際、ぜひご自身で何を企業に聞くかも考えておくことをお薦めいたします。

(「AXIS ATLANTA」10月号より抜粋 http://www.axisatl.com/index.html

就職・転職活動でご質問やご相談があればいつでもお問い合わせください。

info@pasona.com

Akiko Komura/Pasona NA, INC. Atlanta Office

リンクをコピー