南カリフォルニア:日系企業情報や生活事情から考える幸せとは?

07/01/2020

お役立ちコラム求職者様向け

今回は、全米でも日系企業が多く集まる南カリフォルニアに関してご紹介させて頂ければと思います。南カリフォルニアというと、大体ロサンゼルスからサンディエゴまでの広範囲を指します。

南カリフォルニアの日系企業情報

そのエリアに日系企業は約800社程集中しており(*JETRO 南CA日系企業実態調査より)主要業種は、製造、サービス、商社、運輸で2/3が占められています。従って日本語バイリンガルポジション、も需要の多いエリアになっています。

同時に日本人や日系人も多く住む地域で、その数は約180,000人(*2000年US国税調査より)と、ハワイ州に次ぐ全米で2番目に日系人の多い地域。カリフォルニア全体でみると断トツ全米1位です。従って、バイリンガルポジションの応募も、競争率の高いエリアになります。

南カリフォルニアの生活事情

生活面でみると、日系のスーパー、レストラン、美容サロン、クリニックがあり、日本人でも生活に不自由しない、とても恵まれた環境だと思います。そんな南カリフォルニアでの生活は最高にハッピーでは?と思われるでしょう。確かに湿気が少なく暖かい天候で、一年中ゴルフやサーフィンを楽しんでいる人も多いです。ただ、やはり便利で人気のあるエリアでの生活は高くなるのも事実です。

平均的な南カルフォルニアの1BRのアパートは$2,000位、交通費の支給も無く、基本自分の車で通勤、渋滞も酷くロサンゼルス(南カリフォルニア)に住む人は、通勤に一日平均3時間かけているそうです。

大学を出たエントリーレベルのお給料は、日系企業ですと大体40K+程で(業界、業種でかなり差がでます)最初から一人でアパート生活をするのは苦しく、ルームシェアやルームレント(シェアハウス)などで頑張っている方々も多くいらっしゃいます。

皆様にとっての幸せとは

これらを踏まえて、幸せとは?を考えてみると、

お給料の良い仕事に就ける事

お給料が安くても自分のやりたい仕事が出来る事

仕事は辛いけど心許せる仲間がいる事

家計は少し苦しいけれど抜群の環境で生活が送れる事

など、幸せは十人十色。少しでもパソナが皆様の「幸せ」に貢献できますように。皆様の「幸せ」が、私達の幸せであります。

参照:JETRO 南CA日系企業実態調査より

記事作成:Orange County Office

Executive Recruiter Ikuko Tatebayashi


【本件に関するお問い合わせ】
Pasona N A, Inc.
pasona.info@pasona.com


【メルマガ購読受付中】

求職者様向けにメールマガジンを配信しております。最新求人情報に加え、面接対策などお役立ち情報満載です。ぜひご購読下さいませ。

お申込みフォームはコチラ


 

リンクをコピー