失業保険:追加給付金 – 各州の動向(8/31)

08/31/2020

ニュース求職者様向け

8月8日、トランプ大統領が署名した大統領令では、通常の失業保険への追加上乗せの給付金を$400に減額して継続する旨が記載されていました。(失業保険関連ニュース8/10

8月31日現在、FEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)は、大半の州で$300の追加支給を承認しました。しかし、申請中の州もあるなか、サウスダコタ州(8/31現在)は追加の失業給付を辞退しています。

各州の申請の期限は9月10日までとなっており、申請を検討している州は早急に最終判断を下す必要があります。

また支給の金額については、大統領令の執行メモランダムには$400とありますが、その内訳として75%にあたる$300を連邦のCRF(コロナウイルス救済ファンド)から拠出し、残りの25%にあたる$100は各州から拠出するよう求めています。

この$100を各州がどのように捻出するかは州の決定に委ねられており、DOL(労働省)のガイドランでは、現在通常の失業保険として支給されている金額のうちの$100を追加支給の一部としてカウントする事が認められています。

つまり州によって支給が有る所と無い所があり、支給が有る場合も金額は$300になる州もあれば、$400になる州もあるという事です。

 

以下が、具体的な各州の対応となっております。(8月26日現在)

申請がアプライされた日付 上乗せ支給金額

開始予定時期

California 8/22/2020 $300 9/7/2020
District of Columbia 未申請
Georgia 8/23/2020 TBD TBD
Illinois 申請予定 $300
Massachusetts 8/21/2020 TBD TBD
Michigan 8/21/2020 $300 TBD
Nevada 申請予定 $300 申請の許可がおりてから4~6週間後
New Jersey 申請予定 $300
New York 8/23/2020 TBD TBD
Texas 8/21/2020 $300 開始済み

 

こちらの情報は日々更新されておりますので、最新の情報やご自身のお住まいの州の情報についてはきちんとお住まいの州の労働局の情報をご確認ください。

 

※参照

Forbs: https://www.forbes.com/sites/robertberger/2020/08/25/300-unemployment-benefits-status-update/#21d4826d20ae

Whitehouse.gov:https://www.whitehouse.gov/presidential-actions/memorandum-authorizing-needs-assistance-program-major-disaster-declarations-related-coronavirus-disease-2019/

 

記事作成:New York Office

Recruiter Natsumi Yamamoto


【免責事項】
記載されている情報の正確性については万全を期しておりますが、
ご利用者が当情報を用いて行う一切の行為について、何らの責任を負うものではありません。
本情報に起因してご利用者に生じた損害については、責任を負いかねますのでご了承ください。

Pasona N A, Inc.
pasona.info@pasona.com


【メルマガ購読受付中】

求職者様向けにメールマガジンを配信しております。最新求人情報に加え、面接対策などお役立ち情報満載です。ぜひご購読下さいませ。

お申込みフォームはコチラ


 

リンクをコピー